2010年7月25日

M-AUDIO Firewire Audiophileの修理(電解コンデンサ交換)

連日の暑さのせいか、Firewire接続で使っている M-Audio Firewire Audiophile とDACの同期が途切れる現象が発生。
またか、と思いつつ、電解コンデンサを交換しました。

元はRubycon ZL 35V1000uF (105度品)でしたが、これを日本ケミコン KMG の50V1000uF(105度品)に交換しました。



電源部のコンデンサなので、低インピーダンスのZLが入ってましたが、手元にKMGしか無かったので、それでいいやということにしました。
(日本ケミコンのKZEやKZHがあれば良かったんですが)

ということで、内部写真をいくつか。
ほとんどがRubyconです。(ZLシリーズ)


一部に En というブランドの電解コンデンサ。25V47uFのもの。もう一箇所にもありました。





※追記
その後、低ESRコンデンサ、東信工業のUTWRZ 35V1000uFに交換して使ってます。
電源部なので低インピーダンスのものをおすすめします。

関連
M-AUDIO Firewire Audiophileの導入

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------