2011年5月26日

デジタルアンプ S.M.S.L. SA-S1 (1) 購入してみました

デジタルアンプの買い増しをしました。
S.M.S.L.のSA-S1というトライパスのTA2020を用いたアンプです。SP01で3560円(送料別)でした。

上がS.M.S.LのSA-36、下がSA-S1です。




幅が広くなって薄型になってます。
ヒートシンクの取り付けを垂直から水平にしたので高さを抑え、基板の大型化でパターンに余裕を持たせたという感じです。
  • 電源スイッチはプッシュ式からトグル式に変更されています。(上でON)
  • フロントパネルは写真の通り、ぎらつきを無くした仕上になってます。このへんは好みで分かれそう。
  • ボリュームの外周部に青色LEDが2つ入っており、TOPPINGのデジタルアンプと同じようになってます。この部分の照光は必要無いと思うのですけどね。
  • 電源の平滑用に大きめのコンデンサが入っているので電源OFF後もLEDがゆっくり消えていきます。(音声回路はリレーですぐに切れます。ポップ音無し)
  • スピーカ端子はより高級感のあるものになっています。
  • 底面の「足」はウレタン状の頼りないものからゴム足に変わっています。

    さくっと分解してみました。
    • フロントパネルは2.5mm、リアは2mmの六角レンチで外れます。
    • ボリュームノブは強く固定されているのでゆっくり外した方がいいです。(後述)
    • ボリュームノブを外すとボリュームを固定しているナットがあるので、そのナットを外すとフロントパネルが外れます。
    • SA-36ではケースが筒型になっていましたが、SA-S1では上下に分割式。なので上蓋だけ外してということも可能です。

    SA-36ではボリュームの軸とツマミがマスキングテープで太さ調整してありましたが、SA-S1ではセロテープで太さ調整してありました。溝軸のボリュームなのになんて?と思いつつも変わらないところだなぁと。

    背面の端子類は配置が変わっている程度で、DCジャックはφ2.5mmのものじゃないと入りません。(暫定で変換ケーブルを使ってます)

    ケース加工の精度も良くなっており、SA-36の時のようにタップでネジ穴を〜なんて必要は無い感じです。

    問題無く音が出ることを確認し、オフセット電圧も調整されていることを確認しました。

    0 件のコメント:

    コメントを投稿

    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------