2018年7月17日

メガネ: JINS CLASSIC バイカラーアセテートMCF-15A-261

今回は安いメガネです。
JINSのメガネ。素材がアセテートなのでどんなもんだろうと思って購入した一本。
JINSの悪口ばかり言っているけどちゃんと買ってますよ。

【JINS CLASSIC -Bicolor Acetate-】バイカラーアセテート MCF-15A-261 97 商品詳細 | JINS - 眼鏡
https://www.jins.com/jp/item/MCF-15A-261_28.html

色は、カーキ×ブラウンデミです。


アウトレット価格での購入だったので3500円+税でした。送料+レンズ込みでの価格ですから安いです。

見た目はちゃんとしています。
デザインはJINSの東京、製造は中国というSPAですからね。メガネ界のユニクロです。


鼻パッドがクリアなのがうれしいです。


丁番は5枚丁番。JINSの割には豪華。


上から見るとよく分かるんですが、フレーム、テンプルともに材料が薄いです。
フロント面ぐらい分厚い材料を使って欲しいものだけど、無理かなぁ。
材料がアセテートなので、あとで反ってくるんじゃなかろうかと不安も。
まぁ、JINSのメガネに耐久性を求めてはいけないんですけど。


現在は売り切れになっていますが、終売時の価格は4000円+税。
私が買ったときより高くなっているのは、私がJINS会員向けのセール時に購入したからです。

レンズは度無しですが、HOYAのタイにある現地法人 HOLT製の片面非球面、屈折率1.60のレンズが入っています。

増永眼鏡や金子眼鏡と比較しちゃ申し訳無いんですが、同じアセテートフレームってことで掲載しましたが、セレクトショップで3500円で売っている伊達メガネに比べればちゃんとしているのは確かです。レンズも反射防止のマルチコートですしね。

2018年7月8日

なぜ金子眼鏡は鯖江での増永眼鏡の創業を矮小化するのだろうか

先日、金子眼鏡に行ったときに貰ってきた小冊子。



最初のページにはこんな記述があります。

100年ほど前。一軒の農家が、農閑期の内職として始めた鯖江のめがね作り。

雪国育ちの誠実で忍耐強い気質で、ひたすらに手を動かす。

金子眼鏡の根底に流れる職人の技と心。

福井県鯖江地域でのメガネ作りのスタートを紹介した一文なのですが、これはおかしいです。はっきり書けば嘘。事実を矮小化しすぎています。


>100年ほど前。一軒の農家が、農閑期の内職として始めた鯖江のめがね作り。

事実は、増永五左衛門(ますながござえもん)という豪農(地主ですね)で若くから村会議員を務めてきた人がキーマンなので、決して「一軒の農家」ではありません。

しかも、最初から自前の工場を使い、地元の人間を工員として雇い、大阪から職人を招いてのメガネ作りがスタートしています。なので「農閑期の内職」でもありませんでした。(工員の中には大工もいましたし)
このスタートが明治38年6月1日とされています。
増永五左衛門がはじめた会社が現在に至る増永眼鏡です。
明治38年=1905年が増永眼鏡、福井県鯖江地域でのメガネ作りのはじまりとなります。

詳しくは、以下のサイトを読んで欲しいのですが、こんな矮小化されたレベルでのはじまりだったわけではありません。

明治・大正・戰前期に福井経済を牽引した起業家や経済人の事績
眼鏡産地の基礎を築いた先覚者 増永 五左衛門(ますなが ござえもん)
http://okhome.fc2web.com/mp/mp013.html

増永眼鏡のサイトではここに書かれています。
PHILOSOPHY | MASUNAGA since 1905(増永眼鏡)
http://www.masunaga1905.com/philosophy

小説化もされています。
「おしょりん」 藤岡 陽子(著) ポプラ社
明治三十八年、福井県麻生津村。増永五左衛門はこの地に産業を根付かせるべく苦闘していた。そんな時、弟の幸八が村でのめがね枠製造を提案する。村人たちの猛反対の中、二人は困難な道を歩み始めるのだった―。めがねで世界を変えた、兄弟の魂の物語。 



事実を脚色しつつの小説なので、日本のメガネ製造史を知る一冊というわけにはいきませんが、ぜひご一読を。

決して、『一軒の農家が、農閑期の内職として始めた』ものではないことがよくわかります。

鯖江でのめがね作りの歴史を引用しつつ、自前のものにしてしまう金子眼鏡は、なぜ増永眼鏡の創業時のことを矮小化するのはなぜなんでしょうかね。



2018年7月7日

メガネ: 金子眼鏡 與市 Y-5

メガネコレクション、ひとまずここまで。
前回と同じ金子眼鏡(かねこがんきょう)の職人シリーズの 與市 (よいち) Y-5 BK です。

アセテートのメガネです。
レンズは度無しです。(ちゃんとマルチコートのレンズ入れてます)

薄型のウェリントンというよりはスクエアでしょうね。
薄型なので、ウルトラセブンのマスクみたい。


Y-14 より前のモデルです。こちらが先。エッジがシャープです。



左テンプル。手造 の刻印と丈夫な丁番。



右テンプル。與市 の刻印。



こちらもシャープなエッジが大好きなメガネです。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------