2011年6月7日

CDの収納: 現状報告

震災でCD棚が倒れ、きちんとした整理をしなきゃなということで始まったCDソフトケースを用いたCD棚の整理ですが、現状こんな感じになってます。
(最下段と右端が見えなくなってたり、デジタルカメラのノイズがひどいけど)



CDを整理したことで、当然自分で持っていると思っていたCDを実は所有していないなんてことに気付くことが多く、CD購入ラッシュが続いています。

当然ながら重複して買っていた(同じCDを何枚も)なんてのも多いのですが、それよりも「これ持ってなかったんだっけ?」というものの方が多いです。
アナログ盤で所有していてCDは図書館で借りたのをiTunesでリッピングしてそのままというものが結構あります。


寄ってみるとこんな感じ。
区切りはダンボールのままです。これで十分かな。



引いて見るとこんな感じ。


全11段のすべてにCDが入ってます。まだ余裕はあるとはいえ、勢いに乗って買いまくっていると溢れだすのはすぐかなと思います。

CDソフトケース化の対象から外したデジパック仕様のCDが思っていた以上に多くて幅を取っています。Deluxe Editionだとデジパック仕様の2枚組なので目立ちます。


CDソフトケースにすることで3000枚弱のCDを1つの棚に収納できるようになったのはやっぱりありがたいですね。

アルファベット順にしたことで、家人がCDを自分で探して持ち出すなんてこともできるようになりました。それまでは、xxxのCD持ってる?→iTunesのライブラリを探す→持ってるはず→このへんに置いたはずと言いつつ探すという感じでしたんで大きな進歩。(笑)

関連
CD収納
地震後の片付け CDの整理をどうするか
CDの収納: なぜFDRのCDソフトケースにしたのか

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------