2010年8月1日

サラウンドアダプター Victor SU-DH1

ビクターのサラウンドアダプター SU-DH1です。


iMacでDVDを観るときに接続して使ってます。
手持ちのヘッドフォンを使って5.1chサラウンドを楽しめるという商品です。
小さいものですが、これがあるとよりDVDを楽しめます。

iMacやDVDプレイヤーから光ケーブルで接続し、本体内蔵のヘッドフォンアンプで鳴らすんですが、こんなに小さいのによくできてます。

5.1chサラウンドは店頭でデモ機を試したことがある程度で、実際に家に導入するには至っていません。
VisualよりもAudioなもんで、どうもそこまで踏み込めないというのが実際のところです。

5.1chサラウンドでと言っても普通のヘッドフォン(2ch)を用いるので、擬似的なものではあるのですが、5.1chをスピーカで組むよりずっと簡単に臨場感のある音を出すことができます。
実際に部屋に6つのスピーカを設置、調整してとなると大がかりになりますが、SU-DH1とヘッドフォンだけで済むという簡単さ。便利です。



本体の操作スイッチは取説から引用しますが、2つのモードを設定すれば良いだけです。


本体手前にあるボリュームで音量を調節して設定完了。

ヘッドフォンはなんでも組み合わせることができますけど、開放型のヘッドフォンとは相性が良いです。
密閉型でも音場の広めなものであれば相性が良い場合もあるので、あれこれ試してます。
(映画となると2時間装着することになるので、装着感が良いもののほうが有利ですね)

電源は、DC3V(センター+)または単3電池2本です。
Line Inのミニステレオケーブルが本体に収納されています。
私は光ケーブルで接続してるんで使ってません。


右側面にLine Inのアッテネータ、Digital In(丸型の光端子)と3.5mmミニステレオのヘッドフォン端子があります。


左側面には電源スイッチとDCジャックのみ。


日本ビクターの商品情報



0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------