2011年2月15日

MUSE AUDIO MINI TDA1543x4 DAC (9) 抵抗I/V部品交換完了

前回できなかった抵抗交換も無事完了しました。
4.7kと47kを読み間違えたもんで、部品が無かったんですが買ってきて交換しました。
左右1本ずつ使うので、選別して抵抗値を揃えました。


使った抵抗はマルツのLMFQです。(10本210円とお手頃価格で高音質らしいので)
もっと高い抵抗、たとえば巻線抵抗にするという手もありますが、費用と入手性を考えてLMFQにしました。

前回以降、ずっと通電してハンダ付け時に加わった熱によるダメージを回復させています。
音の変化ですが、出力のカップリングをMUSE-ESに変更したことによる変化は大きかったです。
低域もきちんと出るし全体的にクリアになりました。

16bit/96kHz対応とはいえ、設計の古いDACチップですから、目が醒めるような音を期待しているわけではありませんが、ちょっと手を加えることで結構変わるものだなと思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------