2011年1月27日

MUSE AUDIO MINI TDA1543x4 DAC (3) 音を聴いてみる

入手した MUSE AUDIO MINI TDA1543x4 を、付属のACアダプタを用いてのDC12V駆動で以下の構成で聴いてみました。
  1. iMac --USB--> JAVS nano/S --TOSLINK--> DAC --> Lovely Cube --> Headphone
  2. iMac --USB--> JAVS nano/S --TOSLINK--> AT-HDSL1 --COAX --> DAC --> Lovely Cube --> Headphone
2ではCOAXに変換して接続していますが、ハムノイズが出るという噂があったのでその試験も兼ねて。




1のTOSLINKでの入力ではノイズ無し。

2の接続でもノイズ無し。ハムノイズが出ると思っていたのですが皆無。音量を上げてもヘッドフォンアンプのホワイトノイズが増えるだけでした。(つまり正常)

Mac側でJAVS nano/Sの出力フォーマット(Bit数や周波数)を変えてみましたが、問題なく受けることができました。

あれこれ接続し直しての試聴は面倒なのでやってませんが、MATRIX mini-iでの再生音との比較では「こんな感じなのかな」という印象。

1ではどうも低域がイマイチ。こんなもんか?という印象。(「こんなはずでは」ではありません)
接続を2のCOAXにした方が良い印象を持ちました。(低域が下まで出ている印象)
(電源投入直後という影響もあると思います。通電して数日放置してからだと違ってくるかも)

ケースの上半身を外してみるとTDA1543が結構発熱するようです。ちゃんとしたヒートシンクを付けてあげた方が良さそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------