2010年12月30日

Lovely Cube HeadAmp (15) ボリュームのGNDに関する情報(ハムノイズ対策)

Head-Fiでハムノイズが出るという話が出ていたのですが、その対策方法が出ています。

Grounding of Potentiometer
http://www.alicemagicbox.com/lasercollection/lovelycubevrgrounding.html

GNDとPot(ボリューム)をちゃんと取ってねという内容。
ボリューム軸とシャーシをきちんと接触させることでハムノイズが消えますよということですね。


マイナスドライバーでシャーシ(フロントパネルでは無い。黒いシャーシの部分)を削ることでボリュームがきちんと接地されますよという内容。
きちんとヤスリ(ダイソーで売ってるダイヤモンドヤスリで十分)で塗装面を剥がした方がバリが出なくて良いかと思います。
(マイナスドライバーで削れるシャーシだからネジ穴が弱点だったりするのですけどもね)


目的はPotの軸と基板のGNDを電気的に接触させることなので、塗装面を剥がして導通すればOK。
下の写真の左手前の部分とボリュームの軸がショートしていれば完了です。


これは自作アンプなどでもよく使われる方法です。
(基板のGNDとボリュームの間に配線しちゃう方法も多いですが)

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------