2010年6月13日

電源の問題(TAPの問題)

古い家に住んでいるので、部屋当たりのコンセント数が不足しています。
そういうわけで、タコ足配線になってしまいます。

タコ足配線は危険です!

タコ足配線やめましょうと言われても、なかなかそうはいきません。
容量を守って、ホコリ対策はきちんとやっているつもりです。トラッキング火災は怖いですから。

トラッキング火災
http://www.jeea.or.jp/course/contents/10103/

いかにスマートに配線をと言っても、壁のコンセントが2口じゃ限界があります。
(一部屋に2箇所あるだけでありがたい)

iMacと外付けHDDにはUPSを使っているので、UPSのコンセントは壁から直接取りたいとなると、残りは一つ。

仕方なく複数のタップを使っているわけですが、増設した機器の順番につないでいたりしたんで、一回整理してみようということでオーディオ用だけ別のタップにしてみました。


オーディオ用のタップは買えないんでAPCの安いやつです。
(プラグのグラウンド側が大きくて普通のコンセントに挿しにくいから使わないのが残ってたというのが本当の理由です)
電源スイッチ付いているけど、誤操作しにくい形状なのは便利です。

とりあえず以下の機器を接続しました。極性合わせたり、配線整理したりで結構大仕事に。



Kenwood KAF-A55は、スイッチング電源なんで、オーディオ機器専用のタップに接続するには微妙だったんでPC扱いにしてます。
他のポータブル機器用のACアダプタはほぼ充電用途だし除外。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------