2014年7月14日

ことば - 「Windows XP」4万8千台保有だそうですが

Windows XP のサポート終了から3ヶ月が経過し、Windows XP をメインで使い続けている企業ってのも(中小を除けば)少ないんだろうなと思ってましたが、東京電力が大量の Windows XP 搭載のPCを使い続けていることがわかったり、中部空港でも同様だったりと意外なところでまだまだ Windows XP が使われているようです。

読売新聞(YOMIURI ONLINE)
東電「XP」4万8千台、5年継続…外部接続も
2014年07月07日 06時55分
http://www.yomiuri.co.jp/it/20140705-OYT1T50120.html
 東京電力が、サポート期間の終了した米マイクロソフト社の基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」搭載パソコンを約4万8000台保有し、今後5年間使い続ける計画であることが分かった。
 XPは修正プログラムが配布されず、サイバー攻撃を受ける可能性があるため、政府は東電など重要インフラ事業者にXPの更新を求めていた。
 関係者によると、東電は約4万8000台のXPについて、更新を始める2018~19年まで使用する計画で、この間、インターネットで外部に接続して使うパソコンもあるという。
 東電は読売新聞の取材に対し、ネットに接続するXPがあることを認め、「各種の技術的対策を講じている」と説明。更新しない理由や具体的な対策については「セキュリティー確保の観点から詳細は差し控える」としている。

東電に関しては、予算が・・・ってことでしょうね。大事故さえ起こしていなければ、とっとと完了していたはずかと。
多額の税金を投入し、大事故への対策を国が肩代わりしている(これも税金なんですが)状態でPCを新調するってのも何か違うだろうと思うしね。

Windows XP を使い続けるのは危険なのはわかっているけど、ってパターンは多いと思います。私も Windows XP の環境を「所有」してますから。

私の場合は WindowsPC をあんまり使わないこともあって、MacOS X 用の仮想化ソフト、VMware Fusion で Windows XP の環境を「飼っている」という感じ。

VMware Fusionのバージョンアップ(6.0.3から6.0.4)があったんで、VMware Toolsの更新をしなきゃ、ということで久々にWindows XPを起動。


すると自動更新(Windows Update)が掛かって、サポート終了じゃなかったの?と思ったら、Office2010に関するもの(IME2010をインストールしているのでその関係)と「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」が表示されました。


前者は現在もサポート中なのでわかるけど、後者はWindwsOSに関するアップデートなんじゃないの?

ついでに Google Chrome(メインのWebブラウザ)、AVG Free(ウイルス対策)の更新も掛けて終了。
定期的にこういう作業が必要になるので「飼っている」という感じになりますね、どうしても。

Windows XP で IE8 を使っているという環境、Windows XP + IE8 でInternetに接続するというのが一番危険な組合せなんでしょう。(Windows XP のサポート終了後もIE8の脆弱性が見つかって、Windows Vista以降は対策パッチが出ましたんで)
IE8は「社内イントラネット限定」にしておかないと後で後悔するってことになるかと。
加えて、Adobe Flash Player、Java Runtimeあたりが古かったりすると致命的かなと。

せめてInternet接続するのであれば、最新の Google Chrome を使いましょうよ、と思います。(Adobe Flash Playerの機能を内蔵しているので常時最新版適用となりますから)

加えて、まだWindows XPを使うんであれば、Javaも最新のものに。


ITmedia Oracleが定例アップデートを予告、Javaに極めて深刻な脆弱性
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1407/11/news036.html
無料Javaのダウンロード
https://java.com/ja/download/

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------