2014年7月27日

ポータブルCDプレイヤー(AIWA XP-220)

アイワのポータブルCDプレイヤー、XP-220です。
1996年発売のモデルで特徴は以下の通り。

http://tiiduka.blogspot.com/2010/04/aiwacd.html
電池残量シグナル搭載。 使いやすさ重視のベーシックモデル。
電池残量シグナル、重低音DSL、ハイパワー28mW
大きめのデザイン、音飛び防止機能やリモコンなどの無いシンプルなモデルです。


上蓋は結構大きく開きます。


電源は単3電池2本または背面にDC6V(センター+)となっています。



操作部、左から。
上蓋のオープナー、選曲のスイッチが2つ。


液晶部には大きめの電池残量表示があります。LEDで表示するとかアイワのポータブルCDプレイヤーは電池残量表示を重要視してた感じです。


液晶の右側にはプログラム再生時に使うENTERとPLAY MODE(リピート再生など)の小さなスイッチ、停止、再生・一時停止の大きなスイッチという配置です。

左側面にはBass BoostのDSLの調整、RESUME、HOLDの切り替えをするスライドスイッチが2つ並んでいます。


右側面にはボリューム、ヘッドフォン端子があります。
(Line Outはありません)


DSLというBass Boost機能は効き過ぎというぐらいに効きます。
余りにも効果が強いので使う機会が無いという感じ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------