2014年5月24日

iTunesが実質使えないんで、CD三昧

iTunes Match の作業をメインじゃないライブラリでやっているもので、iTunes Match の処理中も iTunes は普通に利用できるといっても、メインのライブラリじゃないから注文していたCDが届いてもリッピングするわけにもいかず、Podcastを更新するわけにもいかず、iPodとの同期すらできない状態でして、やっぱり不便。

こういうときに限って注文していたCDがどんどん届くというのは何故なんでしょうか。
Amazonのようにまとめて発送を選んでも分割発送してくれたら助かるんですが、タワーレコードオンラインは分割してくれないものだから、どさっと届きました。それも2回も。


以前書いた Pixies のCDをまとめて注文したってものが、あわせて注文していたCDの発売日延期に伴って遅れに遅れ、届いたのが今週。(B面集も買ったからこれだけで6枚)
XTC の "Skylarking" の「これが本当の音なんだよバージョン」も届いたし、未開封盤が10枚以上という状態。
平日だとじっくり聴くというよりは流し聞きという感じなので、この際だからと久々にCDプレイヤーにヘッドフォンアンプ、ヘッドフォンをいくつか選びながらちゃんと聴いております。

XTC の "Skylarking" は音圧上げました的なものになってなくて良かったと思いました。
"Dear God" 抜きのアルバムで接していた世代なもので、US仕様の "Dear God" 入りバージョンのCDには違和感があったけど、今回の並びであれば問題無し。
「極性のエラー」があったのがいままでのバージョンで、CDでは今回出たバージョンが正解というものなんですが、位相(Phase) じゃなくて極性ってなってますよね。

XTC Skylarking Better Than You've Ever Heard It
http://www.ape.uk.net/news/archive_stories.php?newsid=345

sound polarity reversed .
Something as simple as a wrongly wired XLR plug in Todds studio or the Master room would have resulted in this sound mishap 
つまりスタジオのXLRプラグの極性が合ってなかったと。
同じXLR端子でもプラグ内の結線方法はいくつかあるので、そのために生じた間違いということかと。(2番HOTとか3番HOTとかのあれです)

このあたりの事情についての日本語解説はこちらのBlogが詳しいです。

世界最高のバンドXTCよ永遠なれ!!!
XTCの最高傑作だと言われるSKYLARKINGの極性エラーを直したCDが来年の初頭に出る!!アンディ「他のCDバージョンのどれよりも良い。このバージョンこそがこのアルバムの正しい音だ!」

脳内記憶との比較では今回のCDは音がしっかりしてる感があります。
ジャケットはレコード会社に拒否されたものを使っているんで悪趣味なものになってますが、これから XTC というバンドを知るためにはこっちのバージョンを買った方が良いなと思います。

Pixies はアルバムを一枚も持ってなかったということもあって、完全に後追いですが、最新作は残念って感じ。それ以前のアルバムとはぜんぜん違うものですね。Pixies を聞き始めるのであれば、最新作より過去作品からにした方が良いなと思いました。

音質重視というより、ノリ重視のアルバムを聴くのには大げさな構成より、やはりそこそこシンプルな機器が合っているなということで、CDプレイヤーはSONYのマルチビット機、CDP-P79、ヘッドフォンアンプはCORDA HEADFIVE、ヘッドフォンはオーディオテクニカのATH-M50という構成でしたが、ヘッドフォンをソニーのMDR-V6に変更してます。

ピクシーズ@Amazon.co.jp


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------