2011年3月5日

MATRIX mini-i (27) 三端子レギュレータとブリッジダイオードの交換

ブリッジダイオードと三端子レギュレータを交換しました。

三端子レギュレータは、フィデリックスさんの三端子レギュレータを購入してみました。

フィデリックス 技術情報 オーディオ用に最適な3端子レギュレーターを作りました




改造項目に書いていた通り、電源周りの改造に着手しました。


  1. 電源の三端子レギュレータの交換(黄色で囲ったところ)
  2. ブリッジダイオードの交換(黄緑で囲ったところ)
1については、以前紹介した三端子レギュレータを使おうと思っていたのですが、高さが結構ありそのままだとケースに干渉。

こんな感じでケース内部の制約でそのままでは使えません。



斜めに寝かせるとかL字に設置というのもいいかなと思ったけれど、コンデンサとブリッジダイオードに挟まれてそれも無理。

フィデリックスさんの三端子レギュレータだと同じ大きさなのでその点は問題無し。


ピンアサインもコンパチ、ヒートシンクも同じものをそのまま利用できるので設置場所も問題無し。


ブリッジダイオードは先日製作したものを使用しました。
そういうことで、三端子レギュレータ L7912CV、ブリッジダイオード KB310 を交換。



と、ここまですんなり進んだように書いていますが、片側しか交換できていません。

電源部は左右独立なんだと思い込んでいたので、負電源(-12V)のものを2つ注文。
実際に作業を開始したら片方は L7912CV だったけど、もう片方は L7812CV (+12V)。
左右独立じゃなくて、それぞれ正電源、負電源だったんですね。

以前投稿した写真をよく見たら・・・


ブリッジダイオードの奥にある三端子レギュレータ、よく見ると L7812CV でした。
L7812CVの交換用のものをまた注文しなければ・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------