2014年9月18日

故障したHDD、Seagate ST3000DM001 の「故障予兆」

RMA保証で戻ってきた Seagate ST3000DM001 という 3TB のHDDですが、故障前に予兆があったので、それを書いておきます。

数か月前
FireWire800接続の外付けHDDのケースに入れて使っていたが、デイジーチェインの末端側(ホストとなる Mac mini から遠い側)に接続していたが、起動時に認識しないことがあり、デイジーチェインの順番を変更し、より Mac mini に近い側に変更した。
(その後は問題なく利用可能だった)

数週間前
iTunes で iPod を同期する際に一部の楽曲が転送エラーとなる現象が発生する。
その曲を iTunes で再生してみると、途中で音飛びが生じるため、TimeMachine でバックアップしていたファイルを戻す。

当日
気付いたら Mac mini のデスクトップからHDDのアイコンが消えていた。数か月前にも同様なことがあったので、接続を見直したがNG。
ディスクユーティリティで確認するも、修復できず。(HDDそのものは認識しているが、ボリュームをマウントできない状態)

HDDをデイジーチェインから切り離し、Windows Vista の動く DELL Vostro 1200 にUSB接続。CrystalDifskIno でチェックしようとするが、認識できず。
(USB接続後、HDDへのアクセスが頻繁にあって、しばらく待ってそれが収まるものの、HDDとして認識してくれない)
※MacOS X 用にフォーマットされていても CrystalDiskInfo ではディスクとして認識するので問題ないです。

ということで、RMA保証の確認→RMA保証を受ける となった次第です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------