2013年6月10日

ポータブルCDプレイヤー(KENWOOD DPC-X547)

2004年に発売されたケンウッドのポータブルCDプレイヤー、DPC-X547です。

以前まとめたケンウッドのポータブルCDプレイヤーのリストだとここに記載してます
このモデルがケンウッドのポータブルCDプレイヤーの最終モデルなようです。

AV Watch - ケンウッド、クリアパネル採用のポータブルCDプレーヤー
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20040804/kenwood.htm
 DPC-X547は、前モデル「DPC-X537」に続き、上面にクリアパネルを採用したポータブルCDプレーヤー。シルバーとブラックには光沢仕上げを施し、オレンジの外装は「金属感あふれる美しい輝きを放つ」としている。
 電源に単4ニッケル水素電池(付属)、または単4アルカリ電池を利用でき、再生時間はニッケル水素電池で約15時間、アルカリ電池で約20時間。ニッケル水素電池の充電時間は約6時間となっている。

黒モデルなんで写真撮影が難しい光沢仕上げ。写真撮ろうにも映り込みとかもう面倒。

この写真だと手前左側の面に上蓋のオープナーがあります。



OPENと書かれたところの下にオープナーがあります。
内部という配色がわかるかと。


KENWOODロゴに合わせた配置で上蓋を開いたところ。手前のは付属リモコン。
上蓋はあまり大きく開きません。
赤い部分は下側ケースの上面(電池ケース蓋含め)のみ。


こんな感じで単4電池を2本収納。電池ケースの蓋はスライド式になっていて、正常に(きちんと)閉じていないと上蓋がロックされないようになっています。

シリアルナンバーと2006年製と書かれたシールあり。


操作スイッチは底面にあります。



左から曲戻し、再生・曲送り、停止、音量小、音量大。
再生とか音量調整用のスイッチに突起があれば見なくても操作できると思うのですがそのような配慮は無し。


操作は付属の液晶リモコンを使ってねということのようです。


付属のリモコンもシンプルなもの。(バックライトやクリップはありません)
左側側面に3.5mmステレオジャックがあります。


本体のヘッドフォン端子とリモコン用の端子。
リモコンは4極の3.5mmミニステレオプラグ+2極x2の平形端子になってます。


上蓋のオープナーとHOLDスイッチ。
HOLDスイッチをオンにするとオープナーもロックされるようになってます。



同じく外周部のDCジャック付近。
思わせぶりな穴が空いてますが、外付けの電池ケースの予定でもあったのかな。


出力はヘッドフォン出力のみ、ラインアウト無しという仕様、音飛び防止機能は48秒間のもの(CDの回転を抑制して電池寿命を延ばすタイプ)で音飛び防止希望はOFFにできないという仕様です。

音質調整はBass Boostが3種類、Liveモードがあり、OFFを合わせると8通りの調整が可能です。
(bb1, bb2, bb3, LIVE, LIVE+bb1, LIVE+bb2, Live+bb3, OFF)

音質よりも使い勝手を重視したモデルという印象です。
中国生産品でした。

定格は取説より。




0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------