2013年2月20日

ポータブルCDプレイヤー(オーム電機 CDP-500Y)

オーム電機のポータブルCDプレイヤー、AudioComm CDP-500Y(オーム電機の型番は 07-2387)です。
2009年には販売終了になっていることが確認できましたが、発売日は不明です。
オーム電機の直販価格は3980円でした。


円盤状のよくあるデザイン。
上蓋のロック部が一番手前にあること、アナログラインアウトがあること、再生や選曲などの操作部が上面にあって使いやすいことからクルマ用に使ってます。


上蓋を開いた状態。もうちょっと大きく開くと脱着が容易なんですが、上蓋に液晶表示や操作スイッチがあるからその制約もあるのかも。


底面はシール三枚と電池収納部の蓋。
時計で喩えると11時の位置にDCジャック(DC4.5Vセンター+)があります。
ACアダプターはSONYやPanasonicのポータブルCDプレイヤー用(DC4.5V)が流用できます。


電池ケースはヒンジ式。単3電池2本で動作します。
単3アルカリ電池2本で連続9時間の再生が可能とのこと。



左側面から右側面の方向にスイッチや端子を紹介。
左端にはHOLDスイッチ(スライドスイッチ)、凹んだ場所にアナログラインアウト、ヘッドフォン端子、回転式のボリュームがあります。


ボリュームの右はDBB(Bass Boost)のスライドスイッチ。(ON/OFFのみ)


上蓋のオープナー。
右側面は電池ケースのみとなっています。


液晶部は大きめでトラック番号、再生時間などが表示されます。
ESP(音飛び防止機能)をOFFにした状態が以下の状態です。


ESPをONにすると液晶表示に "ANTI-S" と書かれたグラフが表示されます。


曲を再生しているとグラフのバーが伸びていきます。



フルの状態で60秒間の音飛び防止になるようです。


CD-Rだけでなく、CD-RWに焼いたCD-DAイメージの再生も可能なんで便利かと。
見た目はイマイチですが、前述の通り上蓋を開きメディアをセット、上蓋の再生スイッチを押し、左手前のボリュームで音量調整ができるという使いやすさはありがたいところ。
音飛び防止機能は上蓋のESPスイッチを押すだけでセット、解除が可能ですし迷わずに使えるのが良いところかと。


以下はオーム電機の製品情報より。
● CDの音楽を手軽に楽しめるポータブルCDプレーヤーです。
● CDの動作状況が分かる液晶表示付き。
● リピート/ランダム/プログラム/イントロなど多彩な再生機能を搭載。
● 音飛びを防ぐESP機能付き。
● 低音を強調するDBBS機能付き。
● 誤動作を防ぐHOLD機能付き。
● 外部出力端子(LINE OUT端子)から他の機器に接続できます。
● CD−R/RW再生対応。
● ステレオイヤホン、クリップ付きリモコンを付属。
● 単3形アルカリ乾電池×2本使用で連続9時間再生可能。
  ※ 使用状況により異なります。
● 別売のAC/DCアダプター(03-3114)もお使いいただけます。
仕様
■ 型式:コンパクトディスクデジタルオーディオシステム
■ 周波数特性:20Hz〜20,000Hz
■ チャンネル:2チャンネル
■ S/N比:90dB以上
■ ワウ・フラッター:測定限界以下
■ 出力端子
  ライン出力 50kΩ
  ヘッドホン出力 最大出力レベル5mW+5mW
■ 電源
  単3型アルカリ乾電池2本(別売)DC3.0V
  (アルカリ乾電池使用の場合 連続再生9時間)
  外部電源ジャック 定格DC4.5V
  AC/DCアダプター(別売・03-3114)
■ 寸法:直径140mm×高さ30mm
■ 重量:237g(電池含まず)
■ 付属品:クリップ付きリモコン、インナーイヤーヘッドホン1.1m


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------