2011年11月5日

iPod Touchが売れている - ポータブルオーディオプレイヤーのBCNランキング

「ランキング」「売れ筋」「これ売れてます」みたいなものは『どうもな・・・』と思っていますが、久々にBCNランキングを見てみたら「携帯オーディオプレーヤー」はiPodが上位なんですね。
SONYがシェア50%を〜という報道もあったけど、実際に売れているのは低価格モデルなんだなということがよくわかりました。(台数シェアなのか金額シェアなのかで言えば、前者ということですね)

http://bcnranking.jp/category/subcategory_0004_month.html


2011年10月のデータはこうなってました。
  1. iPod Touch 32GB 黒
  2. iPod Touch 8GB 黒
  3. iPod Touch 32GB 白
  4. Walkman NW-E052 2GB ピンク
  5. Walkman NW-E052 2GB 青
  6. Walkman NW-E052 2GB 黒
  7. iPod Touch 8GB 白
  8. Walkman NW-A865 16GB 黒
  9. iPod Touch 64GB 黒
  10. iPod classic 160GB 黒
  11. Walkman NW-E052 2GB シルバー
  12. iPod nano 8GB ピンク
  13. iPod classic 160GB シルバー
  14. Walkman NW-A865 16GB 白
  15. Walkman NW-A866 32GB 黒
  16. iPod nano 8GB シルバー
  17. Walkman NW-E052K 2GB ピンク
  18. Walkman NW-W263 4GB 黒
  19. Walkman NW-S754 8GB 黒
  20. iPod nano 8GB 青
出典:BCNランキング 携帯オーディオプレーヤーランキング集計期間:2011/10/01~2011/10/31


上位20モデルをリストアップしましたが、
  • DAPはなんだかんだ言って黒が売れている。白やピンクという反対票があればそっちにも流れる。「無難なシルバー」は不人気。
  • Appleは、iPod nano や shuffle じゃなく、Touch が売れている。大容量のclassicも10位、13位とそこそこ売れている。
  • SONYは実売7000円弱の2GBモデル、エントリーモデルが売れている。S-Master搭載モデルは8位、14位、15位。
  • 上位80位までのランキング中、Apple、SONY以外はトランセンドが34位と45位、日立リビングサプライが57位、59位だけ。(Mediakegはランク外・・・)
という特徴が出ているのかと思います。
10月はちょうどiPod Touchが値下げになったタイミングだからという理由もあるのかもしれません。(10月5日からiPod Touch、iPod nanoを値下げ、Touchに白色追加


AV Watchには2011年4月の記事がありました。

大河原克行のデジタル家電 -最前線-
「iPod touchが50%突破」に裏付けられるiPodの進化
~“iPod = エンターテイメントデバイス”が明確に~
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/ce/20110421_441297.html

■ なんと8四半期連続で前年割れを続けるiPod
ソニーが2010年12月以降、携帯音楽プレーヤーの日本市場において、50%以上のシェアを維持し続けている。
BCN※の調べによると、2010年12月に52.1%のシェアを獲得して以来、2011年1月には54.6%、2月には50.1%、3月には52.4%と、50%を超える市場シェアを獲得しつづけているのだ。
2011年1月~3月 携帯オーディオ
メーカー別・全体販売台数前年同月比(月次推移:%) 出典:BCN※
年月 アップル ソニー 全体
11年01月 80.9 133.4 101.9
11年02月 78.2 128.6 96.2
11年03月 62.8 103.7 79.6

小見出しは「なんと〜で前年割れを続けるiPod」となっていますが、SONYのシェアが50%以上だよということ、前年同月比が連続して上回っているということが言いたいようです。
台数の月次推移で iPod vs Walkman としてしまうのには無理があって、実際は iPhone や Xperia などのスマートフォンも加えた統計にしないと意味が無くなってしまうんですけどもね。


そして、2011年4月時点ですでにiPod = iPod Touchということが明らかになっていたようです。
■ 「iPod = iPod touch」という認識への変化
そして、もうひとつ特筆すべきことがある。それは、iPodシリーズにおけるiPod touchの構成比が高まっていることだ。
携帯オーディオ アップルにおけるモデル別販売台数構成比推移 2011年1月~3月(月次推移)
BCN※の調査によると、2010年1月には19.3%の構成比に留まっていたiPod touchは、2011年3月の集計では、51.5%に達し、初めて半数を突破した。
これに対して、2010年1月には、70.2%の構成比を占めていたiPod nanoは、2011年3月には32.5%と、3台に1台の水準にまで減ってきているのである。
いわば、これまでは「iPod=iPod nano」という構図から、「iPod = iPod touch」という認識へと変わりつつあることの裏付けである。

iPod nanoは第5世代までは正常進化だったと思うけど、現行のタッチパネル採用モデルは「どうしちゃったの?」と思います。10月にテコ入れがあったけど新モデルではなく、価格改定でしたね。

Apple プレスリリース 2011年10月5日
Apple、素晴らしい新機能を搭載したiPod touchとiPod nanoをよりお求めやすい価格で提供
2011年10月5日、Appleは本日、iPod touchとiPod nanoの2機種に素晴らしい新機能と、よりお求めやすい価格を発表しました。iPod touchは新しいブラックとホワイトのモデルで提供されます。価格は16,800円からで、Appleの新しいiOS 5とiCloud®サービスが含まれています。新しいiPod nanoは本日発売で、価格は10,800円から提供されます。再設計されたユーザインターフェイス、新しい16種類のデジタルクロックフェイス、そして改良された内蔵フィットネス機能を特長としています。

shuffleは行き過ぎを修正してますが、nanoはあのまんまなんでしょうかね。UIを再設計されたそうですが、ハードウェアも再設計して欲しかった。


Appleは低価格モデルも出すけど、主力はiPod Touch。iPhoneと同様、単一モデルで量を捌くという構図。

じゃ、iPod Touchの対抗モデルは?となると、現状存在しないのが実際のところ。

Walkman Zシリーズ?あれ12月10日発売(予定)ですから。

ソニー プレスリリース 2011年9月13日
多彩なアプリケーションを高音質で楽しむ Android(TM) 搭載“ウォークマン”Zシリーズ
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201109/11-0913B/

AV Watch - ソニー、Android 2.3搭載のウォークマン「Z1000」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110913_475555.html

SONYは製品発表は早いけど実際に商品を手にできるのは12月10日以降ってこと。
年末商戦って言葉お忘れでは?

ソニー プレスリリース 2011年9月13日
高音質技術とワイヤレス対応で、音楽の楽しみ方が広がる“ウォークマン”A/Sシリーズ
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201109/11-0913C/
ソニーは、進化したフルデジタルアンプ“S-Master MX”※1などの高音質技術により、“ウォークマン”史上最高音質を実現した『NW-A860シリーズ』と、高音質再生と豊富なカラーバリエーションが特長の『NW-S760シリーズ』、本体と統一されたデザインの専用スピーカー付属の『NW-S760Kシリーズ』、新登場のBluetooth®ヘッドホン付属の『NW-S760BTシリーズ』の“ウォークマン”新商品・計9機種を発売します。

従来からのシリーズは、9月13日に発表して10月8日に発売。
上位モデルのAシリーズはタッチパネルでの操作になって、ヘッドフォンアンプ "S-Master" の新しいのを積んだけど、12月10日に発売というZシリーズが気になって買い控えてしまうんじゃないんでしょうか。
(もしくは発売直前に値下げになったiPod Touchに流れるとか)

なんかちぐはぐな感じがしてしまうのですよ。Walkmanの中だけでもこんな感じなのに、SONYの中で見たときはXperiaが加わってしまって余計に混乱。
9月時点でZシリーズの発表はしないでおいて、OSのバージョンを整えた上で春モデルとして唐突に販売開始した方がインパクトあると思うのですが。
(ゲーム機だったら事前に発表してからというのはわかるんですけど、プレイヤーで9月発表の12月発売だと感覚がちょっと麻痺しちゃいます。私は「まだ売ってないの?」と思いましたし)

そこで思いだしたのが、
CNET Japan - HTC、ヘッドフォンメーカーBeats Electronicsに出資--携帯の音質向上を目指す

「モバイルデバイスのオーディオ品質を改良する必要はあるが、その部分を大衆市場に向けた中心的な差別化要因とすることは困難といえるだろう。ほとんどの消費者はオーディオよりもディスプレイの品質のほうに興味がある」(Gartnerのアナリスト)

われわれが聞いたのは、今の新しい世代はサウンドを気にしていないということだった」(Iovine氏)

という記事。

以前、2つのエントリに分けて書きましたが、ほんとそうだなと。

SONYが「魅力」ある製品を出し続けられるのか、買う側の「魅力」をちゃんとわかっているのかということを考えさせられたランキングでした。


関連
「われわれが聞いたのは、今の新しい世代はサウンドを気にしていないということだった」
続 「われわれが聞いたのは、今の新しい世代はサウンドを気にしていないということだった」

AV Watchの関連記事
【2009年9月16日】ソニー、歌詞表示など「新音楽体験」提供する新ウォークマン
-ストリンガー会長、iPod抜いたシェア記録「喜ばしい」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090916_315926.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------