2011年4月2日

Michael Nesmith : Monkeesの帽子の人

モンキーズのメンバー、マイク・ネスミス。
http://en.wikipedia.org/wiki/Michael_Nesmith

帽子の人という印象が強い(私だけ?)のですが、「楽器を演奏できない寄せ集めバンド」というイメージで語られることの多いモンキーズのメンバーの中ではもともとミュージシャンだったという人でもあります。


モンキーズは「ザ・モンキーズ・ショー」をTBSで再放送していたときに欠かさず観てました。
当時、姉がアルバムを買った記憶あり。
(「渋谷系」という意味では、映画"HEAD"で知ったという人が多いのかな)


モンキーズは楽曲がやはり優れているなと思います。制作陣が豪華なのもありますが、メンバー中心で作った作品も多く、その中にも名曲がいくつも。

モンキーズ後期には彼の個性が強く出た "Listen to the Band" が印象的。カントリーロックの名曲だと思います。



モンキーズ脱退後はソロで活動を続けており、アルバムも多数。
Michael Nesmith & The First National Band名義のアルバムで "Listen To The Band" を再演しています。

バーズ、グラム・パーソンズまで足を伸ばしたついでにMichael Nesmithもお薦めします。


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------