2011年3月6日

CEC CD3300Rを測定してみた

CECのCDプレイヤー、CD3300Rを測定してみました。
製品情報:http://www.cec-web.co.jp/products/cdplayer/cd3300r/cd3300r.html

RMAAの測定データ(WAV)、フィディリックスさんのクロックジッタ測定データ(WAV)をCD-Rに焼いてそれを用いてます。

測定に使用したPC仕様は以下の通りです。
PC: IBM ThinkPad X31(ニコイチしたもの)
 - CPU : Pentium M 1.6GHz
 - RAM : 1.25GB
 - OS : Windows XP Pro SP3
 - オーディオIF:EDIROL UA-3FX (Advanced Driverを使用)

CEC CD3300Rのアナログ(アンバランス)出力から測定PCのオーディオIFに接続して計測。

まずはクロックジッタから。


結構きれい。
高いモデルじゃないけど単体CDプレイヤーだけのことはあるなと。

次にRMAAで測定。前回測定したiMac + MATRIX mini-iと比較してみました。
グラフは白がCD3300R、緑がmini-iです。







Test CEC
CD3300R
iMac
+
mini-i


Frequency response
(from 40 Hz to 15 kHz), dB:
+0.05, -0.53 +0.05, -0.54

Noise level, dB (A): -100.5 -98.7

Dynamic range, dB (A): 92.8 93.1

THD, %: 0.0095 0.011

IMD + Noise, %: 0.046 0.027

Stereo crosstalk, dB: -86.9 -81.6








Frequency response



Noise level



Dynamic range



THD + Noise (at -3 dB FS)



Intermodulation distortion



Stereo crosstalk



関連
MATRIX mini-i (25) 再度測定をしてみる(クロックジッタ測定)
MATRIX mini-i (26) 測定をしてみる(RMAAを使ってみた)

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------