2010年4月15日

ポータブルCDプレイヤー(SONY D-E404)

ソニーのポータブルCDプレイヤー、CD WALKMAN D-E404です。
1999年発売のモデルです。
マレーシア製でした。

主な仕様
取り込み方式 非接触光学式読み取り(半導体レーザー使用)
レーザー GaAIAs ダブルヘテロダイオード l=780 nm
回転数 約500 rpm~200 rpm(ESP OFF時) 約1000 rpm~400 rpm(ESP ON時)
エラー訂正方式 ソニースーパーストラテジー(クロスインターリーブリードソロモンコード)
復号化(D/A) 1 bitクォーツ時間軸制御
周波数特性 20 Hz~20,000 Hz +1 dB*
ワウ·フラッター 測定限界以下*
出力端子(電源電圧4.5 V時)
ライン出力(ステレオミニジャック) 1個
最大出力レベル 0.7 Vrms(47 kW)推奨負荷インピーダンス 10 kW以上
ヘッドホン出力(ステレオミニジャック)1個
最大出力レベル 15 mW+15 mW (EIAJ/16 W)推奨負荷インピーダンス 16 W
*日本電子機械工業会(EIAJ)規格による測定値
以上、取扱い説明書より引用。

Grooveサウンドというシールが貼ってありますが、右手前のSOUNDスイッチを押すと、MB→GRVと切り替わり、従来のDSP(MEGA BASS)とは違う表記になっています。
音飛び防止(ESP)機能付き、音量を抑制するAVLS機能が付いています。


上蓋を開いたときの角度は結構大きくて扱いやすいです。


底面にAVLSのスイッチあり。(NORM,LIMITの2段階)
電源はACアダプタDC4.5V(センター+)または単3電池2本です。


出力はヘッドフォンとアナログラインアウトです。


スイッチ部分はガンメタリックです。(わかりにくいけど)

電池寿命は、水平に設置し振動の無い状態で、アルカリ電池という条件だと、ESP OFF=約16時間、ESP ON=約15時間とのこと。
省電力化が進んだ世代だけのことはありますね。
その割に元気が良い音です。(ガム電池使用の薄型モデルとの比較)

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------