2010年4月17日

ポータブルCDプレイヤー(Panasonic SL-CT720)

パナソニックのポータブルCDプレイヤー、SL-CT720です。
2004年9月発売のモデル。
仕様などはこちらを。

http://panasonic.jp/support/product/audio/SL-CT720.html

特長としては、
『高音質「Dサウンドエンジン」搭載のスタイリッシュなCDプレーヤー』とのこと。
『クリアな高音質を実現する「デジタルアンプ搭載」、多彩な音場・音質を楽しめる「新イコライザー」、豊かな音を再現した「リ.マスター」でさらに音楽をお楽しみいただけます』ということで、デジタルアンプでイコライザ使ったりできますよということのようです。

また、『スリムで、使いやすいスリーレイヤーデザイン採用』ということで、これはSONYの同世代機との違いを強く感じるところです。
周辺にスイッチが並んでいて操作しやすいのが良いですね。

電源はDC4.5Vまたはガム電池2本、外付け電池ケース(単3電池2本)となっています。
カタログ値で、単3形アルカリ乾電池使用時 CD-DA:70時間/MP3:120時間 となっていますので、結構使えるかと思います。




上蓋が90度近くまできちんと開くのがPanasonicの良いところです。


裏面にはストラップホール付き。手前にあるのはOpenボタンとHOLDスイッチです。


こういう風に周囲にスイッチが並んでいるので便利。


横から見るとこうなります。三層構造という特長がわかります。


出力はヘッドフォン出力とLineOut(アナログ+光)となっています。それぞれ別のジャックになっているので使い勝手が良いです。


音楽CDを高音質で再生するには付属リモコンで耐震モードの切り替えを行う必要があります。
POS1よりPOS2の方が高音質になります。
(SONYのG-PROTECTION1がPOS2、G-PROTECTION2がPOS1に該当します)

電池寿命などは取説より。



0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------