2015年8月3日

VMware Fusion 6.0.6 の Windows 8.1 を Windows 10 にアップグレードした

前回書いたとおり、VMware Fusion の Windows 8.1 update1 をオンラインで Windows 10 にアップグレードすることができなかったので、Windows 10 の ISOイメージファイル をダウンロードしてアップグレードすることにしました。

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード(日本語)
http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO


私の場合、Windows 8.1 は64bit版でしたんで、64bit版をダウンロードしました。

Windows 8.1 を VMware Fusion で動かし、ダウンロードしたISO形式のファイルをマウントしてあげればそこからインストールできます。


仮想環境では、Dドライブに割り当てられました。


setup.exeを実行。


「重要な更新プログラムをインストールします」という画面では、「今は実行しない」を選びました。(すでに最新の状態でしたし、確認プログラムが走るとNGってことになりそうでしたんで)


そのまま進んでいくとインストールが開始されます。


「インストールする準備ができました」が出たので、インストールをクリック。


ここまではそんなに時間が掛からないのですが、ここから時間が結構掛かります。


「ファイルのコピー」に結構時間が掛かりました。
DVDという物理メディアからの作業だとかなり掛かるんじゃないでしょうか。


「機能とドライバーをインストールしています」は結構あっさり。


ようやく最終ステップの「設定を構成しています」に。


何度目かの再起動後にようやくサインイン画面に。






ようやくデスクトップ画面が表示されました。長かった。


システム構成はこんな感じ。メモリは2GBしか割り当てていません。


Internet Explorer の後継アプリ、Microsoft Edgeを起動してみました。


私のブログを表示してみましたが、フォントの綺麗さはやはりMacの方がという印象。


長々と続けてきましたが、VMware Fusion や VirtualBox の仮想環境で Windows 10 へアップグレードするのであれば、ISOイメージを用いるのが良いようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------