2014年6月23日

小さめ好きには引っかかる エプソンダイレクト Endeavor NY40S

エプソンダイレクトから Endeavor NY40S という小型なノートPCが発売になっています。

EPSON DIRECT Endeavor NY40S
http://shop.epson.jp/pc/note/ny40s/


仕様をまとめると、
  • AMD デュアルコア E1-2100 APU
  • メインメモリー/スロット 2.0GB・4.0GB(PC3L-12800 DDR3L 1600MHz SDRAM)(1333MHzで動作)/SODIMMスロット(204ピン)×2(シングルチャネルで動作)
  • APU内蔵3Dグラフィックス(AMD Radeon™ HD8210 グラフィックス)
  • 11.6型HDあざやかグレア液晶(LEDバックライト)
  • 1366×768(HD、約1,677万色) 
  • 2.5型HDD 500GB(シリアルATA 600MB/s 5400rpm)
  • 外形寸法(幅×奥行き×高さ) 297×193×36mm(突起部除く)
  • 質量(バッテリー含む/基本構成時) 約1.2kg

というもの。
CPUは決して高速とは言えないものですが、小型でそこそこ軽く、価格も基本構成価格 (税抜) で39,000円(税込42,120円)からと安いのが魅力。

PC Watchのレビュー記事
エプソンダイレクト「Endeavor S NY40S」
~税込み42,120円からの格安11.6型モバイルノート
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/20140617_653645.html

DELLでも安いの出てるし、わざわざという感もありますが、NetbookっぽいPCを望んでいる人には良い選択肢なんじゃないかと思います。

ただ、安いだけあって、CPUが旧世代低価格品だったり、ストレージが500GBのHDDだったり、USB3.0ポートが1つだけ(他にUSB2.0が2つ)だったりと、ダメじゃんと言える部分が多いのも実際なんですけど、縦方向が768dpiあるので、縦方向が狭くて不便という問題はなんとかクリアできているし、EPSONダイレクトのPCは「いじりやすい」から安くなってきた256GBのSSDに換装して使えば結構サクサク動くんじゃないかなどと妄想してしまいます。

OSが Windows 7 (64bit) となっているので、Windows 8系のUIはちょっと・・・という人向けでもあるんですが、この点については、私はWindows 8.1 updateでいいんじゃないのかなと思っています。

DELLだと 2 in 1のタッチパネルモデル(New Inspiron 11 2 in 1)が49,980円からなので悩むところですけどもね。
こちらは Windows 8.1 搭載。



私の場合は、VMware FusionでWindowsOSを動かすのがメインですけど、Windows 7って見た目はすっきりしてるし、従来からのUIを踏襲しているけど、軽くなった Windows Vista(化粧をしない状態のWindows Vista)という感じがして、そんなに優れたOSだとは思っていません。

Windows 8はたしかにひどかったけど、Windows 8.1、そしてWindows 8.1 update(ああ、ややこしい)とバージョンが上がってきて、Windows 8が出た当初の余計な仕様が改められつつあるので、そんなに悪いもんじゃないよと。(それでもタッチを前提にしているかのような画面メッセージが出てうんざりしますが)

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------