2010年3月19日

全面駆動型のヘッドフォン(Fostex T50RP)

フォステックスのモニター用ヘッドフォン、T50RPを中古で購入しました。
FOSTEX T50RP
http://www.fostex.jp/p/t50rp_n/

無骨なデザインのヘッドフォンですが、ダイナミック型ではありません。
「高耐熱ポリイミドフィルムをベース材に銅箔エッチングを施した、フォステクス独自の新開発RP振動板を搭載」ということで、全面駆動型のヘッドフォンです。
ヤマハのHP-1などと仕組みは違えど同じ全面駆動型です。

事前に長時間鳴らしこまないと本来の音が出てこないという情報を得ていたので、あえて中古で買いました。(安かったのもありますが)


中古で入手した直後はパッドがボロボロでしたので、サウンドハウスで注文しました。
パーツナンバーはT50RPEPです。単価950円でした。

下の写真は交換前のくたびれたパッド。


以前はシワになりやすい素材のパッドだったようですが、取り寄せたパッドは表面の素材が変更になっており、耐久性もありそうなものになってます。

また、ケーブル交換も可能です。
標準構成では、3mのストレートケーブルで端子が標準ステレオ(金メッキではない)ですが、オプションパーツで、ステレオミニの1mストレートケーブルが販売されています。
(TM110B T20RPmk2/T40RPmk2/T50RP用ヘッドホンケーブル)

L字型ステレオミニのコネクターなので、自作ケーブルに変更をと思っていましたが、ロックするための爪があり、普通のL字ケーブルでは加工する必要があります。(ヘッドフォン側のジャックが奥まっているのも難点)



使い込んだ中古ということで、エージングは完了しているという前提での感想を。
音はフラットな傾向です。強調感なく、下まで出ているという感じです。
女性ボーカルとよく合います。響きがきれいに鳴ります。
空間が広く、奥行きも感じられます。
Alessandro MS2のドンシャリ、ハイスピードな感じ、空間表現とは対極にありますが、これは気に入りました。

ヘッドバンドは中に芯材の入ったゴム製、ハウジング側からは金属のパイプが伸びていて、それをスライドさせて調整するようになっています。

側圧は弱めです。パッドの感触も良いです(新しいというのもありますが)
重量が300gを越えているので重いほうです。
重いAlessandro MS2を使っているので私はそんなに気にはなっていません。
長時間使用しても問題ありませんでした。

仕様は以下の通りです。
■形式 :ダンプド・セミオープンRPダイナミック型
  ■再生周波数帯域 :15~35,000Hz
  ■インピーダンス :50Ω
  ■感度 :98dB/mW
  ■最大入力 :3,000mW
  ■本体質量 :約330g
  ■ケーブル長 :3m(片出しタイプ)
  ■プラグ :ステレオ標準プラグ


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------