2013年11月12日

ADSLの問題(常時接続を前提としたOS環境)

ADSLの不調がまーだ続いています。

モデム交換をしてもリンクが切れる症状は変わらず。
リンク速度が低いのも続いていてもうやんなっちゃう状態。


AppleのiCloud、GoogleのGoogleドライブにChromeの同期とか 常時Internetに接続されているのが前提となっているし、日本語入力のATOKも安定した状態でInternetに接続されているのが良いみたい。

iMac(Mid 2007)+MacOS X 10.6のときにはアベンドした画面を見たもんですが、OS X Mountain Lionにしてからは見なくなっていたんですが、ここのところのADSL回線の不安定さからなのか、一日に何度も落ちることが。
Google Chromeの同期やGoogleドライブの利用を中止したりといった対策をすれば良いのでしょうが、さすがにそれじゃ不便です。
(GoogleドライブはPDF形式のマニュアルやデバイスドライバなどを入れる倉庫として使ってます)

抜本的な対策となると、ADSLホールサービス業者の変更しかないのかなと。
現在契約している旧アッカ、現イーアクセスはすでにこの場所でのADSLサービス受付を中止しているので、NTTのフレッツADSLかYahooBBのADSLの二択。
プロバイダの変更をしないで済ませるのであれば前者ということに。

自宅の電話回線(メタル回線)がADSLに適さないものだとすると、フレッツADSLにしたところで解決するとも思えず、いっそ光回線にと思うところですけど借家なんで大家さんの同意が必要だし、維持費の増加はやっぱり痛いところ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------