2013年6月7日

スカパーの無料放送で久々に「未来少年コナン」

スカパーが無料放送をやってるんで、番組表をチェックしてみたんですが、まぁ対象となるチャンネルが多くて探すのも大変ですね。
契約してレコーダで録画しまくるとあっという間にストレージがいっぱいになりそうな感じ。だからレコーダにUSB接続のHDDで増設したりする必要があるんでしょうね。(Blu-rayに焼いてライブラリを充実させるにしても、追い掛けるだけで大変そう)

BS236「アニマックス」で「未来少年コナン」のデジタルリマスターHD版が放映されていたんで何話か録画して視聴しました。

現在視点で言えば、NHK総合のゴールデンタイムに放映されていた宮崎駿監督作品ということなんですが、初回放映時はたまに観ていたものの、あんまりピンとこなかったというのが正直なところ。

大人になってから図書館でDVDを借り、全話視聴して「おお、そういう話だったのか!」と思ったんですけど、「宮崎作品」というバイアスが掛かってるのかもしれません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/未来少年コナン

作品概要

宮崎駿が初めて監督を担当した作品である。また、NHKが放映した最初のセルアニメーションシリーズである。1978年3月をもってNHK総合テレビの夕方の青少年向け番組の定番であった18時台の『少年ドラマシリーズ』の帯番組放映が終了しており、本作の放映開始時期である同年4月は、平日夕方の青少年向け番組が、1970年代の主要な時期を占めたパターンから大幅に改編された時期にあたっている。火曜日19時30分からの30分間は、この作品以後しばらくの間アニメーション枠となった。後番組は東映動画(現:東映アニメーション)制作の『キャプテン・フューチャー』である。本放送時の視聴率は振るわなかった。関東地区で平均8%だったという。最高視聴率は、第25話放送時の14%であった[1]。NHKはPRのためNHK受信料徴収の際、同作品のシールを渡したこともある。後に再編集によって映画化されたが、その際には一部のテレビ版製作スタッフの意図に反して編集されたため問題になった。

当時の火曜の夜といえば、19時からは「サザエさん」の再放送枠(フジテレビローカル枠)があったんだし、その流れでNHK総合にチャンネルを切り替えということにはなっていなかったようです。

今の視点で言えば、テーマや設定は「さすが宮崎作品」となるんでしょうけど、ナウシカ以前の話ですから、早すぎた作品なのかもしれません。
(初監督作品がNHK総合のゴールデンタイム枠ってのはさすがNHKだなって思いますけどね)




0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------