2011年7月1日

共立電子からTI TPA6120A2を採用したヘッドホンアンプキット

大阪・日本橋の共立電子からヘッドフォンアンプキットが発売になるそうです。
ヘッドフォンアンプのICは、テキサスインスツルメンツのTPA6120A2とのこと。(MATRIX mini-i のヘッドフォンアンプ用ICと同じものですね)

デジットBlog:低ひずみ・高音質!ハイエンド・ステレオヘッドホンアンプキット
http://blog.digit-parts.com/archives/51700284.html



2,440円とお手頃価格のキットですが、バランス入力のアンプなのでアンバランス→バランス用のキット、±電源用のキットと組み合わせて使うようになっています。
(一般的な「RCAピン」での出力はアンバランスです)


共立電子のデジットBlogから。
ハイエンド・ステレオヘッドホンアンプキット「HPA_6120」は平衡(バランス)入力です 一般的なオーディオ機器のアナログ出力は不平衡(アンバランス)が多く、この場合は不平衡-平衡変換アンプキット「UNBAL_134」を使用して不平衡から平衡に変換して入力します。
電源は±両電源です。ACアダプタなど単電源を使用する場合は、仮想グラウンド電源キット「KASOU_GND」を使用します。


  • ハイエンド・ステレオヘッドホンアンプキット「HPA_6120」2,440円
  • 2ch 不平衡-平衡変換アンプキット「UNBAL_134」2,440円
  • 仮想グラウンド電源キット「KASOU_GND」1,600円



ケースやスイッチ、端子、ACアダプタなどは付属しないので別途必要になります。
ケースは加工が面倒なので加工済みのものがあるとありがたいなぁと思います。

据置用のアンプキット、選択肢が増えたのはありがたいですね。


関連
ヘッドフォンアンプのキット紹介(2010年版)
気になるヘッドフォンアンプキット(2009年版)

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------