2010年12月26日

MATRIX mini-i (18) デジタル回路部のコンデンサ交換(ニチコンHZとルビコンMCZ)

次の計画をということでまとめていましたが、低インピーダンス、高リプルの電解コンデンサが出てきたのでとりあえず交換することにしました。

下の写真の右側にある Rubycon TZV 16V 470uFが交換対象です。



ここのコンデンサは表面実装用のチップ型が付いているのですが、基板裏面を見るとスルーホールがあったのでリードのものに変更して取り付けています。

あり合わせの部品を使っていることもあり、一つはニチコンHZ 16V 1800uF、もう一つはルビコン MCZ 10V 1800uFにしました。


どちらもマザーボードやスイッチング電源に実装されているコンデンサです。


基板裏面にはWIMAの0.1uFをパラっているのは前回と同様です。


残ったDAC(AD1955)用の電解コンデンサはサンヨーOSコンに交換する予定です。
(今回取り付けたものもOSコンにしちゃうかも。高いんで躊躇してますが)


関連
MATRIX mini-i (16) 平滑コンデンサのポイント
MATRIX mini-i (15) 電源平滑コンデンサの交換後、再度次の計画を考える

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------