2010年6月6日

ポータブルCDプレイヤー(Panasonic SL-SX480)

パナソニックのポータブルCDプレイヤー、SL-SX480です。

日本で販売されていた製品なのですが、PanasonicのWebには情報無し。
USのサイトに情報がありました。
http://www2.panasonic.com/consumer-electronics/support/Audio/Portable-Audio/Portable-CD-Players/model.SL-SX480W

音楽CDとCD-R/RWに書き込んだMP3ファイルの再生に対応したモデルです。
2006年製、中国製です。

周辺に操作スイッチ、正面に液晶。リモコン無しというシンプルなモデル。
電源はDC4.5V(センター+)、単3電池2本です。(充電池の充電機能無し)
出力はヘッドフォン端子のみ。LineOutはありません。


大きく開いているように見えますが、90度近く開く上蓋ではありません。電池ケースは内側に。
内部のピックアップ部(トラバース)はSL-CT520に似ているように思います。
液晶はバックライトが無く、見にくいです。


裏面はSL-CT520と同じくストラップホールがあります。


操作部は液晶の左側に、PLAY MODE, EQ, MEMOのスイッチ。


液晶の右側に、再生、停止、選曲、音量の各スイッチ。


ヘッドフォンジャック、DCジャック、HOLDスイッチです。


OPENの部分はちょっと凝ったつくりになっています。
中心部を押さない限り上蓋が開かないような構造になっています。



再生時間は取説より。(英文の取説です)
アルカリ電池2本で音楽CDは33時間。



SONYの低価格モデル、D-EJ002との比較です。
直径はほとんど同じなのですが、リブ、サイドの処理などでSL-SX480が小さく見えます。


上蓋を開いたところ。上蓋の開く角度はほぼ同じ。


どちらも正面に液晶というデザイン。


どちらもポータブルCDプレイヤーの終焉時期に現れたモデル。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------