2010年6月21日

ヘッドフォンATH-ESW9

オーディオテクニカのヘッドフォン、ATH-ESW9について書いていたかと思ったらケースのことしか書いてませんでした。

というわけで、ATH-ESW9のことを。
ポータブルヘッドフォンなんですが、一番気に入って使ってます。
昔からゼンハイザーのHD25-1が欲しいのですが、今のところATH-ESW9でなんとかなってます。


・ハウジングにアフリカンパドックを採用
・イヤパッドはラムスキン

というのが大きな特長だと思います。
(同じシリーズのATH-ES7は、高硬度ステンレス材と合皮のイヤパッド)

音は良いと思います。
低域(決して低い領域では無いんだけど)がしっかり出てくれる点、高域で嫌な音が出ない点は良いです。
ATH-ES7よりも音のバランスが良いと思います。(ATH-ES7は低域より)

音場が狭いというのは難点です。このサイズ、しかも密閉ですから限界があるんだと思います。
(アンプを使ってもこの傾向は変わらず)
ヘッドフォンアンプを用いなくてもそこそこ鳴ってくれるという扱いやすさも良いです。
(ポータブルCDプレイヤーの比較なんかはこのヘッドフォンでやってます)

長時間の利用はきつそうですが、ヘッドバンドの頭頂への攻撃度も低く数時間使っても痛くなりませんでした。
耳乗せ方ですが、イヤパッドのおかげで耳になじんでくれます。
(この辺は個人差が大きいと思いますが)


ハウジングが無垢材だとキズが気になるところですが、表面を爪でこすったぐらいではキズ(凹み)はつきません。
交換イヤパッドがペアで3000円と安価なので長期利用でも安心できます。


ハウジングを回転させて平らになるというのは実際に使ってみたら便利でした。
ケーブルはクセの付きにくいもの。もうちょい太めのしっかりしたものにしても良かったと思うんですが。


オーディオテクニカ ATH-ESW9特設ページ
商品情報


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------