2010年4月8日

ポータブルCDプレイヤー(SONY D-321) 4台確保してようやく

ソニーのポータブルCDプレイヤー、Discman D-321の件、すでに4回目の投稿です。

過去記事はこちら。
ポータブルCDプレイヤー(SONY D-321) http://tiiduka.blogspot.com/2010/03/cdsony-d-321.html
D-321の内部基板 http://tiiduka.blogspot.com/2010/04/cdsony-d-321.html
2台目確保したものの・・・ http://tiiduka.blogspot.com/2010/04/cdsony-d-321-2.html

結論から言いますと、ヘッドフォン出力がちゃんとしているプレイヤーを確保することができました。


右の外付け電池ボックス付きは完全動作品、左はヘッドフォン出力のみ右側が小さいけど出力問題は無い状態。
ボリュームのせいみたい(ガリがすごかった)ので、あとで交換しようかと思います。

結局、D-321を4台入手しました。
ディスクを認識しない(TOCを読み込まない)、音飛びするなどの不具合品を含めた4台です。
リストア作業して4台とも動作するようにはなったのですが、ヘッドフォン端子からの出力が極端に小さいという不具合は2台。ラインアウト(アナログと光出力)は4台とも問題無し。


作業していると基板に違いが。(ぶれてていてすみません)

右が初期のロット、左が後期のロットです。ジャンパーで飛ばしてたりしていた初期から改善されているようです。

大きな違いはここの部分。上が初期、下が後期です。
コンデンサのパターンがあるけど未実装なのは仕様なようです。
初期版はサブ基板が両面テープで貼り付いています。



私のところでは、後期の基板では音量が小さいぞ問題は発生せず。
初期ロット特有の問題なのではないかなと推測。

同じプレイヤーを4台も確保して、ほとんど意地でやってましたが、ようやく終了です。


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------