2009年11月4日

工作の準備(SOIC to DIP変換基板と脚)

久々のDIY関連です。
SOIC-8でのみ供給されているOPAMPが増えてきたので、SOIC-8のOPAMPをDIP8pinに変換する基板を買ってきました。
お手軽にマルツで購入しました。

買ってきたのは、以下の部品です。
8PIN SOIC(1.27mmピッチ)&MSOP(0.65mmピッチ)→DIP変換基板(10個入り)

10個が1枚に連結された状態で売られていますんで、ぽきっと折って使うことになります。
写真は1個にした状態です。
10個入って367円。1個あたり36.7円。基板だけだ安いんですね。

脚はどうしようかなと思いましたが、とりあえずお手軽路線で、これを。1個54円です。
DIP連結ソケット 8ピン

で、合体させた状態。(36.7円+54円のセット)


ちょっと無駄に背が高くなってますし、突き抜けたピンが邪魔なんで実際に使うときは切って使わないとと思ってます。


SOIC-8は片面にしか実装できないので、1回路+1回路で2回路にしたい場合、両面実装用の基板にする必要があります。

SOPシングルオペアンプ→DIPデュアルオペアンプ変換基板

この基板の存在を知らずに帰ってきたんで、未入手です。
1個294円です。デュアルになるとぐっと値段が上がるんですねぇ。

他には秋月電子通商でも売られています。安いですね。9個で100円。
SOP8(1.27mm)DIP変換基板(9個セット)

お店でお手軽入手できるものはこんな感じなのかということで。
BrownDogのものを個人輸入してもよいけど、という人はこちらです。円高なのもありますが、送料も安いし、クレジットカード決済できるので便利ですよ。
BrownDog(茶犬とも呼ばれてますが)、正式には、Cimarron Technology, Inc.という会社です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------