2009年10月19日

ELEKIT TG-5882 (3) 使っていくうえでの真空管保護

ヘッドフォンアンプELEKIT TG-5882をしょちゅう使ってますが、真空管交換以外に何やってるのかということをちょこっと。

以前のエントリはこちら。
http://tiiduka.blogspot.com/2009/09/elekit-tg-5882-1.html
http://tiiduka.blogspot.com/2009/09/elekit-tg-5882-2.html

このアンプ、真空管がむき出しで、何かをぶつけると割れるかもしれない+使用中は熱くなるので危ないという弱点があります。
その後の製品はしっかりカバーされているんですけどね。

じゃ、簡単にということで、こんな感じで使ってます。



シールドケースというものがありまして、本来がノイズ対策をするものなんですが、MT管用のシールドの下半身を使ってカバーにしています。(ちゃんとノイズ対策にもなりますし)
小さい真空管なので外すとこんな感じです。(GE JAN5670W)



シールドケースそのものが熱くなりますが、直接真空管を触るよりはマシですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------