2018年9月2日

Mac mini のアンチウイルスソフトをAvira Free Antivirus for Mac に変更(追記あり)

Mac mini のアンチウイルスソフトを変更しました。
Sophos の無償のアンチウイルスソフトを長く使ってきましたが、OS X 10.9 までのサポート。その後、10.10 や macOS 10.12 でもだましだまし使ってきましたが、とうとうシグネチャファイル(定義ファイル)の更新をしなくなったので、別ソフトに。

まずは Sophos の新しい Home とやらを使ったんですが、UI がWebブラウザという謎仕様なんで1時間ほどでやめました。

Sophos Home | シンプルなサイバーセキュリティ
https://home.sophos.com/ja-jp/



次はソフトウェアが日本語化されているドイツのソフトに。

ダウンロード Avira Free Antivirus for Mac
https://www.avira.com/ja/download/product/avira-free-antivirus-for-mac



これ簡素で良い感じ。
欲しいのは常駐してのスキャンと定期的なスキャニングなんでこれで十分。
ひとまずこれを使ってみます。

最近はMac用も選択肢が増えましたが、シンプルなのって少ないんですよねぇ。

追記:2018/09/03
一通り使ってみました。
クイックスキャンはあっという間に終わりますが、全てのファイルを対象にする「コンピュータ・スキャン」をやってみました。



さすがに数時間では終わりません。
ちなみにSophosのときは時間が掛かりすぎて実施していませんでした。



ようやく終了。12時間で終わったと、良い意味で捉えています。


スキャニングの結果はこちら。


3つのウイルスが見つかっています。
すべてメールの添付ファイルでWindowsのものでした。
Sophosのときはウイルスの除去、除去できないものは隔離するか削除するか選べましたが、Avira では、隔離 のところに表示され、削除することができるようになっています。

定義ファイルも一日に3回程度自動的に更新されているようなので、その面でも安心して使えそうです。


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------