2013年11月18日

Mac mini - Launchpadの並びは「移行」できない

OS X Lion (10.7)以降からの機能である、"Launchpad" 。

タイル状というか iOSっぽい(つまりは iPhone っぽい)ランチャーで、まぁここまで必要ないだろというぐらいにアプリケーションフォルダの中がごちゃごちゃしてて、よく使うものはDockに置いてるけど、頻度は少ないけど・・・というものはデスクトップにそのアプリケーションのエイリアスを置いたりしてる人(っていうか私ですが)には結構便利な機能で、MacOS X Snow Leopard から OS X Mountain Lion にOSのバージョンを上げてからは結構使う機能になってます。




で、このLaunchpadなんですが、iMac から Mac mini への移行ユーティリティを使った移行では「並び順」が反映されないんですね。

CDやDVD関係のもの(ライティングソフトとかDVD編集ソフト)、HDD関係のもの(HDDのユーティリティやバックアップソフト)などをページを分けて並べていたんですが、移行した Mac mini ではその名残もなく、2ページ目からはアプリケーションソフト名で並んでますって感じになっていてがっかり。

OS X MavericksではiCloudとの連携強化(というか、有料だったけど失敗に終わった Moble Me の機能復活)でキーチェーンも同期できるようになっているそうだから、Launchpadなんかも同期できるようになっているのかもしれません。(そんなことないかなと書きながら思いましたが・・・)

ということで、せっせと並び替えし直しましたよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------