2011年5月14日

"アポロ13" - 当時の音楽がたくさん入ったサウンドトラック

トム・ハンクス主演の映画、「アポロ13」のサウンドトラックアルバムです。
これは映画館じゃなくてビデオ(VHS)で観ました。(その後DVDでも)




以前から紹介している通り、この頃の映画は映画の時代背景に合った音楽が多用されるようになっていおり、この「アポロ13」のサウンドトラックでもヤング・ラスカルズの「グルーヴィン」を始めとする当時ラジオで流れていたであろう音楽がたくさん使われています。





1
Main Title James Horner
2
One Small Step Walter Cronkite/Neil Armstrong
3
Night Train James Brown
4
Groovin' The Young Rascals
5
Somebody To Love Jefferson Airplane
6
I Can See For Miles The Who
7
Purple Haze Jimi Hendrix
8
Launch Control James Horner
9
All Systems Go / The Launch James Horner
10
Welcome To Apollo 13 Tom Hanks
11
Spirit In The Sky Norman Greenbaum
12
House Cleaning / Houston, We Have A Problem Tom Hanks, Kevin Bacon, Gary Sinise / Tom Hanks, Brett Cullen
13
Master Alarm James Horner
14
What's Going On? Tom Hanks, Gary Sinise
15
Into The LEM James Horner
16
Out Of Time / Shut Her Down Tom Hanks, Ed Harris & Kevin Bacon / Kevin Bacon & Brett Cullen
17
Darkside Of The Moon James Horner
18
Failure Is Not An Option Ed Harris
19
Honky Tonkin' Hank Williams
20
Blue Moon The Mavericks
21
Waiting For Disaster / A Privilege Ed Harris, Gary Sinise / Tom Hanks
22
Re-Entry & Splashdown James Horner
23
End Titles James Horner



印象的だったのは「Spirit in the Sky」の使われ方でした。
この曲については以前も書いたことがありますが、1980年代のカバーで知ったけどとても好きな曲。
(「一発屋」ではあるんだけど、やっぱり良い曲だなぁと思います)




映画としても面白かったし、サウンドトラックアルバムとしても楽しめる作品だと思います。
音楽の使い方がうまいなって思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------