2010年3月31日

USB充電用電池ボックス(SANYO KBC-D1 vs 105円)

USBポートから充電する機器が増えていますが、今回は充電用電池ボックスについて。

USBでの充電ケーブルということでは、随分前にダイソーから携帯電話用のUSB充電ケーブルが出たときにこれが105円で販売できるのかと驚きました。
以後、携帯電話以外にもゲーム機(PSP用はJEITA規格なんで他にも使えて重宝します)やiPod用のDockケーブル(または端子)が多数出ています。

USBポートを使った充電器具としてはリチウムイオン充電地を用いたものが以前から出ていましたが、単3電池を2本使って昇圧し、5V出力する電池ボックスも出ています。

サンヨーのエネループ スティックブースター がかなり売れているようで、品薄みたいです。
iPhoneを持ち歩く際のお伴にという使い方が多いんでしょうか。

とはいえ、この手の商品、100円ショップも負けていません。
同じ機能(USB出力のON/OFFスイッチが無いけど)のものが105円。


円筒形のエネループに対して、直方体の105円。
MUJI的なデザインに対して、そのまんまのデザイン。
アルミ製の筒に対して、プラスチック。
Made in Japan に対して、Made in China。


機能としては同じ(厳密には放電制御とかは違うと思うけど)で価格差がものすごいです。
ガジェット好きとしてはどっちもありですが、モノとしてはエネループ スティックブースター ですかね。
(105円商品は電池の脱着がきついという点もあり)

追記:ちゃんと昇圧しているのかというツッコミがあったので測定しました。
エネループ2本を入れての測定です。
サンヨー=4.95V、105円=無負荷で4.98〜5.02V となりました。振れ幅があるところが105円って感じです。


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------