2015年2月28日

PAPAGO! GoSafe 110 - 安価なドライブレコーダ導入

ここのところ度車載カメラ、ドライブレコーダなるものが欲しくなってきました。
スズキ・ジムニーに取り付けておきたいなと。

YouTubeとかでもドライブレコーダで撮影した動画、結構多いんですよね。これの音声を消して、好きな音楽再生しつつ眺めるのもなかなか楽しい。



音声消して、クラフトワークじゃないけど、電気系の音楽を再生するとなかなか。


事故があったときの(動画が)証拠にもなるという代物ですが、安いものから高いものまでピンキリ。
しかも自動車会社のオプション設定にはなっていないようなジャンルの商品ってこともあり、大手メーカ製というのはほとんどなく、PC系で名前を知っている会社(OEM品だったりする)や台湾や韓国、中国の製品がほとんどという状態で、どれを選べばよいのやらという状態。

車内で日本の暑い夏を乗り切るのは結構シビアなようで、ガラスレンズ搭載とかで差別化してたりしますが、内蔵のバッテリー寿命はやはり短く2年とかで寿命になる様子。


そんなこともあり、やっぱりやめとくかと思っていたら、イエローハット限定販売のモデルが目に留まりました。

PAPAGO! GoSafe 110
http://www.papago.co.jp/Product/product_110.html

この製品、PAPAGO! というメーカなんですが、台湾の会社だそうです。お値段は6980円とのこと。

実際に近所のイエローハットに行ってみたら税抜き6480円(2~3月特価)となっていました。
ドライブレコーダ初心者の一台目としてはこれぐらいのスペックと価格が良いんではないかと思っている次第。上を見たらキリがないですからね。

と、ここまでが妄想の話。
ということで、前段でドライブレコーダーというものに興味を抱いたと書いてから一週間。その後もいろいろ情報を収集していたのですが、値段もまちまち、機能も色々、不具合発生のあるものも結構あるという中、まずは手軽に買える一台をということで、結局  PAPAGO! の GoSafe 110 を選びました。

GPS無し、解像度も1280x720と無難な性能なのですが、イエローハット専売モデルということで、値段の安さが決め手。
1万円台になると解像度が上がって無線LAN機能が付いたりしますが、いろいろ遊ぶのは最初だけだろうと判断し、安いけどそこそこなこのモデルにした次第。


配線は自分で行いましたが、メーカでは「保証外」としていますが、シガーソケットは邪魔なので配線を切って、ヒューズボックスからの給電に変更しています。(保証外と言いつつ、切った配線の赤が+、黒がマイナスと取説に明記してあってなかなか親切です)

わかっていたとはいえ、12/24V→5Vのレギュレータはミラー裏に位置するので邪魔。あとでミラーアームと結束バンドで固定する予定です。

本体への給電端子はMiniUSB端子なのですが、これが結構出っぱっていて邪魔。L字型のコネクタにしてくれれば干渉しないのに。



広角なのでボンネットの端が映ってます。画質としては十分満足できるものだと思います。(夜間走行は周囲が暗いからこんなものかな)

2015年2月12日

ようやくWiMAX 2+エリアに

同じ市内でもなかなか自宅付近は WiMAX 2+ のエリア外だったのですが、ようやくWiMAX 2+エリアになったようです。

WiMAX機器(モバイルルータ)のステータスでようやく WiMAX 2+ の文字を表示できました。


http://www.usen.com/speedtest02/adsl/speedtest.html


ノーリミットモード(容量制限を受けない従来のWiMAX)ではこの状態。


http://www.usen.com/speedtest02/adsl/speedtest.html

アンテナの本数は一緒ということで、電波の入りは改善されていないようです。(これを期待していたのですが)

WiMAX 2 で 9.56Mbps、WiMAX で3.127Mbpsと出ました。
日曜の夜などは激しく遅くなるので、あくまでも参考値というところです。
(なので日曜夜に終了が多いオークションには向かないんですよねぇ、ほんと)

2015年2月11日

著作権法 - 「非親告罪」化への大きな動き

NHKニュース TPP交渉 著作権侵害は「非親告罪」で調整
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150211/t10015379371000.html

TPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉で、各国は映画や音楽などについて著作権侵害があった場合に原則、作者などの告訴がなくても起訴できるようにする「非親告罪」とする方向で調整を進めていることが分かりました。
適用範囲について各国が判断できる余地を残す案が示されたことで、これまで慎重な姿勢だった日本も受け入れる方針です。  
        

現状では日本の著作権法は親告罪。
これをアメリカ (US) の圧力で「非親告罪」にする方向で進んでいるようです。
ニュース記事にあるように、「営利目的」に限定するということになっていますが、恣意的な運用がなされるかもしれず注意が必要かと。

2012年の「著作権法改正」 ではDVDなどコピーガートされた著作物のリッピングが違法になり、私的な違法ダウンロードが刑事罰化されてきたわけですが、これらはすべて親告罪での上で成り立っていること。
非親告罪となることで、警察などの恣意的な捜査で検挙なんてこともありえるなと思える次第。

関連
自公の推す「違法ダウンロード刑事罰化」が衆院通過
http://tiiduka.blogspot.com/2012/06/blog-post.html
続「違法ダウンロード刑事罰化」リッピング編
http://tiiduka.blogspot.com/2012/06/blog-post_16.html
「私的違法ダウンロード刑罰化」やるべきことは「教育」と「アップロードの取締り」
http://tiiduka.blogspot.com/2012/06/blog-post_9801.html
続・「私的違法ダウンロード刑罰化」やるべきことは「教育」と「アップロードの取締り
http://tiiduka.blogspot.com/2012/06/blog-post_20.html
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------