2014年8月31日

SONY Music Unlimited 「CD1枚より、2,000万曲の方が安いなんて」は本当か?

SONY Music Unlimited のバナー広告、「CD1枚より、2,000万曲の方が安いなんて。」というコピーが目に留まりました。


月額980円だから、CDを1枚買うより安いということが言いたいようですが、日本のCDが高いという特殊事情を考えればそんなことないよ、あえて言いたい。

レニー・クラヴィッツの場合。(新作が出る、旧作が豊富という意味での選択です)
日本の Amazon.co.jp ではこの通り。
http://www.amazon.co.jp/Lenny-Kravitz/e/B000APH81E/


2000円を超すものは国内盤。

USの Amazon.com ではこの通り。
http://www.amazon.com/Lenny-Kravitz/e/B000APH81E/


為替の影響もあるから一概には言えないけれど、SONY Music Unlimited が言う「CD1枚」の値段が国内盤を指しているとすれば噴飯もの。輸入盤だとしても海外じゃ980円ぐらいで売られているというのが実際。

Amazon.com だけじゃなく、WOW HD にまで買う場所の範囲を拡げるとよくわかります。
WOW HD だと新作が 1190円。旧作だとぐっと安くなります。
http://www.wowhd.jp/search?q=lenny+kravitz&t=all



「CD1枚」とほぼ等価、またはCDの方が安いってことになります。

SONY MUSIC という二大メジャーの一角を有する SONY がこういう内外価格差を利用したコピーを使って宣伝するのはどうなの?と思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------