2014年8月6日

ことば - 「Let It Go」と「子育て同盟」 これって公費制作じゃないよね?

ファレルのHappyのプロモ動画をやってみた的な動画が増えてますが、「アナと雪の女王」のあの曲にあわせて悪のりしてる県知事たちがいると知って驚愕。

▶ Let It Go ~ありのままで~ by 子育て同盟 - YouTube



表現の自由ですから、どうぞ後勝手に。
好意的に解釈されるも批判されるのも覚悟の上でしょうから。

そんなわけで批判です。
Let It Go って曲の日本語版では歌詞の内容が大きく変更されてしまっていて、誤解を生んでいると思うのですが、Let It Go ってのは以下の意味になります。

http://eow.alc.co.jp/search?q=Let+It+Go&ref=sa
let it go
  • 〔他者の言動に対して〕反応しない何も言わない・何もしない・そのままで良い・それ以上追求しない・放っておく]ことにする
  • あきらめる
・He wouldn't let it go. : 彼はあきらめませんでした。
・Let it go and get on with your life. : そんなこと忘れて。次があるんだから。

動画の説明文を引用。
この動画は、子育てに悩んでいる方々への「子育て同盟」からのメッセージ。一所懸命な­あまりに育児で悩んでしまう方に、「がんばりすぎないで、大丈夫だから」との励ましの­気持ちを込めています。
「子育て同盟」は、子育て支援政策に積極的に取り組む11県から構成、この動画では知­事たちが、本気で熱演することで「安心して子育てできる社会の実現」への本気度を表し­ています
この動画の作成のきっかけは、平成26年5月に開催した「子育て同盟サミット in ながの」。子育てに悩む母親たちの姿を紹介し、もっと力を抜いていけば子育てはそんな­に大変じゃない、理想論ではない子育てを広げていきたい、と話される講師の小林さんの­話から、「子育て同盟」の各県知事が、まさに「 Let It Go~ありのままで~」だねと、子育てに悩む多くの人に見ていただければと作成しまし­た。
さぁ、各県知事たちの名演技をご覧いただき、子育て支援に対する熱い想いを受け止めて­ください!

※「子育て同盟」とは、人口減少、少子化に歯止めをかけようと、子育て支援施策に意欲­的に取り組む県により平成25年4月に発足された組織です。
「子育て同盟」公式ホームページ  http://www.kosodatedoumei.jp/ 

子育てに悩む方々への応援が "Let It Go" 「あきらめる」「反応しない」ってのは悪い冗談としか思えません。
しかも個人が制作したものであれば、バッカじゃねーので済みますが、公的な地位にある方々、しかも県知事と言えば直接選挙で選ばれたかなりの権力者。(裁量で言えば国会議員よりも大ですからね)

地方議員の劣化(暴行事件や公金の使途不明な使い方、暴言などなど)で地方政治に目が向いているときですから、普通の感覚で言えば慎重になるべきとき。

まして子育てというものはそう簡単な取り組みじゃありませんから、地道な活動が必要な部分。

子育て同盟の趣旨 | 子育て同盟 はぐくみ支援ポータルサイト
http://www.kosodatedoumei.jp/allabout/shushi/
子育て同盟の趣旨
人口減少、少子化に歯止めをかけようと、少子化問題に危機感を持ち、子育て支援施策に意欲的に取り組む県による「子育て同盟」が平成25年4月9日に発足しました。また、平成26年5月30日から山口県が新たに加盟しました。
参加県
宮城県、長野県、三重県、鳥取県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、高知県、佐賀県、宮崎県
目的
子育て支援にとんがった取組を行っている自治体が同盟を結んで、情報交換や情報発信を行うことによって、切磋琢磨しながら子育て支援施策を実施、先導するとともに、広く少子化対策への意識喚起を行う。
この動画のどこがこの趣旨に合致するんだかよくわかりません。切磋琢磨する姿がこの動画なんでしょうか?
子育て支援施策を実施するんであれば、医療補助を小学生以降も続けるとか具体策で対応すべきなんではないですか?
(動画の最後に担当大臣まで出てきて悪ノリしてるしねぇ・・・)

 こういう地方のボスが悪ノリしている姿を見ると、2050年には人口減少で9600万とかになるとかいうのも分かるような気がします。
自分が一番偉いんだ、国会議員より裁量が大きいんだからさ、というボケがこういう恥ずかしい動画になっているんだと思います。(自分に酔ってるでしょ、彼ら)

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------