2014年3月29日

キーボード用のパームレスト(リストレスト)を新調

キーボードの手前に置いて手の付け根を乗せる台、「パームレスト」とか「リストレスト」とか呼ばれてるあれです。
長いこと特価品で買ったウレタン+布のものを使ってきたんですが、劣化してきたこともあり新調しました。

購入したのは、ダイヤテックのウッドパームレストL 【アウトレット品】 というもの。
ウッドパームレストL が税抜き3,791円となっていますが、アウトレット品なので、税抜き2,553円と安いです。(1000円以上の価格差なのでかなりお得かと思います)

どんな木目のものが届くかと不安(楽しみ)もありましたが、「ちょっと個性がある」っていう程度のものでした。これならアウトレット品で十分かと。


上が購入したアウトレット品、下がこれまで使ってきたもの。
肌と接する布地の汚れはそんなに気になるレベルじゃないんですけど、本体のウレタンがボロボロなんです。


底面の角。


見た目はそんなに劣化してるように思えませんが、指で触るとこんな状態。


この汚れの原因が長いこと使ってきたパームレストだったわけです。最初は何が原因なのかわからず、活性炭の粉でもぶちまけたか?と悩みました。

キーボードの手前に設置した状態。
アウトレットとは思えない感じだと思いません?


底面の滑り止めは2つ付属しています。
貼り直しの効くもので、交換品も売っています。長い期間利用することを前提としていてうれしい仕様。


底面には7cmぐらいの間隔で溝が掘られています。
天然木なので長期間の使用で生じる「反り対策」なのかと思います。
滑り止めを貼った状態だと、パームレストそのものは浮いた状態になるのですが、結構深い溝なのでパームレストを押した時(腕の重さを加えた時)にしなってくれて衝撃を緩和するという作用もありそうです。

私はフルサイズのキーボードが好きなこと、机の上に乗せる余裕があることから一番大きい(幅が長い)Lサイズを選びましたが、手首を乗せてハの字型になるので疲れにくくて良いです。

パームレストが狭いと手首を真ん中に寄せた状態で、腕と手首の関係が「><」みたいになりがちなので、長いものを買って良かったなと思いました。
(このあたりは人によって入力姿勢が違うからなんとも言えないけど、手首を曲げた「><」の状態を続けていると疲れますからね)

素材やサイズ、そして価格とパームレスト(リストレスト)にもいろいろありますが、天然木のオイルフィニッシュ(日本製)がこの値段というのは良心的だと思います。
(ニス塗りではなくオイルフィニッシュなのでメンテして長く使えそうです)

ウッドパームレストL


ウッドパームレストL 【アウトレット品】


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--------------------------------------------------- --------------------------------------------------- --------------------------------------------------- ---------------------------------------------------